NEWS
LOMBOK NEXT PARTNERS ロンボク島不動産視察ツアー
ロンボク島とは視察ツアーサービス概要会社概要現地最新情報ブログお問合せ
インドネシア【ロンボク島】視察ツアー
なぜ【ロンボク島】なのか

アジア有数の資源大国

金、マンガン、スズ、原油、天然ガスなど、様々な資源を保有しています。

日本の約5倍の国土面積

国土は大小17,500の島からなる、陸地面積186平行kmの広大な土地を所有しています。

世界大4位の人口

中国、インドに次ぐ若い巨万の人口が生涯を変え、巨大消費市場として注目されています。

未開拓の土地が多い

未開拓の土地が多く、開発が豊富な発展途上国であり、投資先としても魅力的です。

インドネシアは非常に高いポテンシャルを持つ国

GDPの成長率は中国、インドに次ぐアジア第3位。高度経済成長の分岐点となる一人当たりのGDPは3000ドルを達成。さらに国策の経済開発マスタープランが2011年より本格的に稼働し、2023年までにGDPを6倍まで上昇させることを確約しています。輸出依存度が低く、巨大な国内マーケットを形成しているインドネシアは、世界有数の経済大国となると言われ、海外からの信用度も急上昇しているのです。

現在メディアで発表されている情報

ロンボクMMP(移動式発電装置)着工式に大統領出席

50メガワットのモバイループラント/MPP(移動式発電装置)の着工式にジョコウィインドネシア共和国大統領が出席した。

マンダリカ経済特区へのインフラ
整備に約8億7千万資金供給

道路、水道、公共空間のインフラ整備のための資金そのすべてのインフラ整備は、マンダリカ経済特区観光客のために供給が決定した。

ドバイ~ロンボク直行便が就航

エミレーツが2016年の初運航でロンボク国際空港に着陸する予定で150以上の目的地へのフライトを運航して、ドバイとロンボクを繋げるだけでなく、世界へ繋げる計画。

プルマンホテル(5つ星)マンダリ
カリゾート内建設開始

ITDC(インドネシア観光開発公社)は、今後20年で5つ星ホテルを20軒建設予定との発表を行っている。

日本がロンボク空港にターミナル
構築予定

日本はロンボク空港の新ターミナルの構築
Trilliunルピア(約2億ドル)を準備中であることが発表された。

世界銀行がロンボク島を融資優先
地域に決定

世銀は、政府が優先して開発を進める観光都市10地域の内ロンボク島を含む3地域に総額2億ドルの開発融資を行う方針を決めた。

広大な土地を生かしたロンボク島レジャー

観光地への外国人観光客誘致を図るため北スマトラ州トバ湖、ジャワのブロモ山やボルブドゥール遺跡、ロンボク島のマンダリカなど、
10地域に観光庁事務所を新設しました。
経済特区エリアにはタンジュン・ルスンとマンダリカ、モロタイ島が指定されています。

ダイビング

白い砂浜の続くビーチ、透き通った海の中に広がる見事な珊瑚礁、サメやスティングレイなどの大物に遭遇できるシャークポイント等が人気のスポットです。カレントが緩やかなので、初心者でも安心して潜ることができます。

サーフィン

サーフィンが楽しめる絶好のスポット、クタ。クタの湾内の質の高い波を求めて世界中のサーファーが集まってきます。良い波が寄せる場所はたくさんありますが、特にクタの東7kmのところにグルプッという漁村の湾のお入口のリーフ上で砕ける波は最高です。

シュノーケル

北西部のギリ三島や南西部のギリナング、東部のギリコンド等は絶好のシュノーケリングスポットでもあります。特に、アンバー・ハウスのコテージ近く周辺は最もシュノーケリングに適した場所で、多様な海洋生物に出会うことができます。

ゴルフ

海岸沿いコサイドと、リンジャニ山の麓のナルマダの2つのゴルフコースがあります。
高地にあるため、平均気温は14~20度、空気もとても新鮮で心地よい快適なゴルフを堪能することができます。

ツアー概要 & スケジュール

1日目

・出国|日本→デンパサール(約7時間)

・移動|デンパサール→ロンボク島(約30分)

・移動|空港→ホテル(4スター級ホテル)

2日目

・視察/観光|タンジュアンビーチ

・視察/観光|セコトンエリア

・視察/観光|ランチ、フリータイム

・移動|視察地→ホテル(4スター級ホテル)

3日目

・視察/観光|ギリ、トワンガン

・視察/観光|ランチ、フリータイム

・移動|ロンボク国際空港→バリ島

4日目 帰国
開催概要詳細
ツアー開催概要1

<日程>

10月21日の朝出発〜25日の朝帰国

11月11日の朝出発〜15日の朝帰国

<申込期日>

10月ツアー:9月29日まで

11月ツアー:10月28日まで

<出発空港>

10・11月ツアー(成田空港or関西国際空港 からお選び頂けます。)

<行先>

インドネシア(ロンボク島3泊4日)


■費用/158,000円~(相場により変動)
※税込・飛行機代・アテンド代・宿泊代込み(食事代は別途必要。現地にて精算。)

※CIMB銀行開設希望の方は、口座開設サポート料(15,000円)が別途必要となります。

 詳細に関するお問い合わせは、メールまたはホームページよりお願い致します

■支払い方法
<銀行振込>
※振込手数料はお客様のご負担となります。ご了承ください。

 なお、口座開設ご希望の方はツアー代金と合わせてお振込み下さい

■オプション
ビジネスクラス可
※別料金かかりますが、希望される場合はご相談ください


《ツアー日程日以外の場合》

◆アテンド代/1日1人 5,400円

◆飛行機・ホテル予約代/1人 5,400円

※希望される場合はご相談ください

The following two tabs change content below.
DAISUKE SUZUKI

DAISUKE SUZUKI

世界40カ国以上回りましたが、 インドネシアは 気候、食事、海、 そして、 人柄も最高にいいところです。 ロンボクはのんびりしていて開発されていないところも残しつつ、 島中で急速な開発が入り、次々に新しいものができている面白いところです。 そんなロンボクの情報をいち早くお届けできるようにしたいと思います。
DAISUKE SUZUKI

最新記事 by DAISUKE SUZUKI (全て見る)

このツアーのお申し込みはこちら
ロンボク島ツアーの注意点

(1)航空チケット発券後のキャンセルは、キャンセル料金が発生しますのでご注意ください。
(2)チケット及び日程表は、約1週間前に郵送にて、お届けします。直前にお申込み頂いた場合はメールアドレスにお送りする場合がございます。ご了承ください。
(3)ご搭乗されます航空会社のチェックインカウンターに、出発2時間前までにお集まりください。
(4)当日、出発空港には弊社スタッフはおりません。あらかじめご了承ください。参加される方のお名前と電話番号を参加者で共有していただき、不測の事態があれば連絡を取り合っていただく形となっています。なお、緊急の際はNEXT担当スタッフまでよろしくお願いします。
ロンボク島・プラヤ空港の出口、に弊社スタッフが待機しています。
(5)インドネシアのビザの関係上、パスポートの有効期限と残りページ数により渡航できない場合があります。有効期限は6ヶ月以上、パスポートのページ数が3ページ以上あるかご確認下さい。無い場合は、更新手続きをお願いします。

その他のご質問はこちらからお問い合わせください

日本法人
株式会社NEXT 静岡県浜松市中区田町223-21 ビオラ田町3F
http://next-gp.com  MAIL : support@next-lp.com
TEL. 053-525-7567 FAX.053-525-7568

会社概要スタッフブログ

Copyright © NEXT GROUP All Rights Reserved.