NEWS
LOMBOK NEXT PARTNERS ロンボク島不動産視察ツアー
ロンボク島とは視察ツアーサービス概要会社概要現地最新情報ブログお問合せ

スタッフブログ

2018年04月17日(火)

みなさんこんにちわ。

現在コンテナハウスの工事が始まっております。

セコトンの土地にコンテナハウスが設置されるのも、もうわずか!?楽しみですね。進行状況を随時更新して行く予定です。

セコトンエリアの道路拡張&舗装工事も着々と進んでおります。弊社所有の土地の前もコンクリートが敷かれ大分見栄えも良くなって参りました。

ビーチも先日スタッフで大掃除を実施し自然が残りつつも綺麗なビーチに変身を遂げています。何度か来てくださったお客様にはわかっていただけるのではないでしょうか。掃除していてロンボクの日差しに負けて私プチ熱中症になりかけました。笑 次回から帽子持参で頑張ります。

 

こちらがビフォーアフター

草を取り除いたらこんなに綺麗になりました。

今後も随時配信していきます。

次回はLNPのディレクターのハンドノが配信いたします。

2018年03月06日(火)

こんにちわ!

NEXT 海外事業部、えぐちふぶきです!!

本日はロンボク に先日来られたお客様とのお話し。

弊社が販売しているセコトンの土地の奥にはセコトンに住む村人たちがいます!

その村人たちに弊社の土地を購入いただいてるお客様からサプライズプレゼントを村人にしていただきました!

日本から折り紙を持ってきていただき、

・折り紙講座!!

日本の遊び紹介ということで

・「ダルマさんが転んだ」

を子供達に教えていただきました!

折り紙を子供たちに教えている原様。
完成した紙飛行機を楽しそうに飛ばす子供達。

 

こちらはダルマさんが転んだ中の写真

 

ダルマさんが転んだその①
ダルマさんが転んだその②
だんだん子供達も慣れて奥様と手を繋ぎたがる。

NEXTの農園から取ってきたドリアンをみんなで食べてたりもして村人達はとても嬉しそうでした!!

H様ありがとうございました(╹◡╹)

こうやってセコトンの村人と交流を深めて、

将来NEXTタウンがセコトンに完成した時に現地の村人が働けるような環境ができたら素敵だなと思った今日この頃。

次回は現地スタッフのカフィが初投稿いたします!

日本語がまだ未熟な部分が多々あるのですが一生懸命書きますので読んであげてください!

2018年01月27日(土)

皆さん、初めまして。12月よりNEXTからロンボクでの現地業務を担当することになりました、江口吹樹(えぐちふぶき)と申します。

ロンボクブログを見てくださっていた方々にブログがしばらく止まっていましたこと、深くお詫び申し上げます。

これからはどんどんロンボクの良さ、弊社が力を入れているセコトンエリアのことなど配信していく予定でおりますので楽しんでみていってください。

それでは早速今回は11月の更新から2ヶ月たった

☆【セコトンリアル情報】☆

をお届けしたいと思います。

 11月の更新時には道路拡張のお話でしたね。

本当に拡張されているの。。。。?という疑問に今回はお答えいたします。(疑問を持ってくれている人がいることを願う・・・^^;)

11月はこんな感じ。。

2ヶ月でどのくらい変わったかというと。。。

ジャン!!!!

3分の1くらいでしょうか。拡張されているのがわかりますね!

しかも現在は数キロ先まで更に進んでいます。

弊社が持っている土地までもう少し。。。水路工事も平行して行われています。

今後のロンボク・そしてセコトンの可能性に楽しみなかぎりです。

見てくれている方になるべく寄り添って配信していきたいので何かリクエスト等ありましたらコメントや下記の僕のアドレスまでご連絡ください。

それでは今回はこの辺で(^_^)

see you next time☆☆sampai jumpa nanti~☆☆

私の連絡先:support37@next-lp.com

2017年11月12日(日)

元々Lembar港をさらに西へ移す(NEXTの土地からさらに西へ)という計画があり、

9月には、セコトンまでの道路を拡張をするというニュースがありました。

 

つい先日、

NEXT関連の土地の目の前に石が置かれ出しました。

 

 

 

【NEXTの土地の前の道路拡張する】ようです!!

 

最近、欧米人のカップルがビーチに寝転がったりしているので、

だんだんと面白くなりそうな予感です。

 

 

 

 

世界を回ってるクルージングツアーは、

バリのブノアエリアにも行きますが、

その前後にロンボクのレンバールも行くようです。

 

現在のレンバールから新しい場所に移れば、

土地のすぐ近くに下船するので、

様々な需要が今後増えていきそうですね!!

 

https://www.cruisecritic.com/cruiseto/itinerary-52797/

2017年09月20日(水)

西ロンボクは観光地としても有名であり、セコトンのギリは非常に人気である。

1年ほど前にSurabayaで華僑と話していたところ、

 

『ロンボクにいいところがあるよ』と。

 

え、本当ですか、それはどこですか?と聞くと、

 

『船で行く小さな島で、そこでBBQをするのが最高だ。場所はセコトン。』と。

 

・・・。

それは、、、頻繁に行ってるけど、

どの島かな?と。

 

いつも通っているところなので、話題としては新鮮さはなかったけど、

Surabayaの華僑がわざわざ観光しにセコトンの島まで来るのには驚いた!!

 

 

そのセコトンへの道は、狭く丘のようなところをいくつか通る。

道路も狭い。

その道路の幅を、

4mから7mに拡張する工事がすでに始まっているとのこと。

 

 

 

道路インフラを観光地化に向けて整備するのが目的だそうだ。

セコトンエリアも発展が続いていきそうだ!

 

 

 

 

引用先はこちら

Jalur Gerepek Diperlebar, Warga Senang

2017年09月20日(水)

ジョコウィ大統領がたびたび訪問するロンボク島で、

今度は2つのメガプロジェクトがあるというニュース。

 

ニュースの内容があまりにも薄いが、、、

空港周辺のプラヤエリアで、

①99階建てのグランドモスクタワー

②国際標準的なサッカースタジアム

 

この二つの計画もあるようだ。

99階からはマンダリカエリアも見えるよう。

 

いつできのか、全くわからないが、

広いところでいつかサッカーしてみたいな。。。

 

Loteng Bangun Stadion Sepakbola Internasional

2017年07月08日(土)

マンダリカエリアには、

4スター以上のホテルを幾つか立つ計画がありますが、

さらに一つ、X2リゾートが追加されたようでした。

 

前からクタビーチを走るたびに新たに変わっていく景色を見てましたが、

新たに塀で囲われて東南アジア特有の写真を貼るというスタイルができておりました。

こんな感じです。

X2 Resortは下記のようなホテルです。
http://x2resorts.com/hotels/

マンダリカには4starレベルと書いてありますが、綺麗な作りになりそうです。

このX2の近くのクタビーチは、巨大な公園計画があり、

コツコツとアスファルト敷き詰めながら工事をしてました。

 

このクタビーチから進んでいくと、

いつも透明度が高いタンジュンアンビーチがあります。

いつ見ても綺麗なので、ぜひ一度お越しください!

 

参考記事

http://www.republika.co.id/berita/nasional/daerah/17/01/20/ok32fr280-penataan-kawasan-sepanjang-pantai-kuta-dilakukan-tahun-ini

2017年06月01日(木)

ロンボク島の南側でサーキット場の開発が行われております。

 

このニュースの後から、

南側のクタ・タンジュンアンビーチエリアに続く道は

道路の整備がどんどん進んでおります。

 

今までは牛や水牛が歩いている道路が、

2年後(目標)にはサーキット場になっている可能性があります。

 

一ヶ月ぶりに行くたびに工事がどんどん進行しており、

今後の発展が非常に楽しみです。

https://kicknews.today/2017/04/02/27701/

2017年05月21日(日)

フランス系のクラブメッドがロンボク島のマンダリカエリアで建設が予定されている。

アジアの中でも透明度が高く非常に有名なタンジュンアンビーチに

建設される予定。

 

クラブメッドホテルは

15haの大きさで、ビーチの長さは650m、

部屋数は350室を予定。

 

2019年には完成予定のため非常に楽しみなところである。

 

http://www.travelweekly-asia.com/Travel-News/Hotel-News/Club-Med-moves-on-Lombok-project

 

https://www.clubmed.co.jp

2017年05月01日(月)

ロンボク島の南側、クタエリアに巨大モスクを建設開始。

 

ここ数ヶ月で大きなトラックが出入りしているが、

建物らしきものも最近できてきている。

 

ロンボクにはマタラム市にイスラミックセンターという巨大なモスクがあるが、

それよりも大きいとのこと。

 

綺麗なビーチのすぐ近くにモスクがあり、

欧米人だけでなく、

中東やアフリカなど、イスラムの人にとっても非常に観光しやすい場所になりそうだ。

 

 

 

http://siarmasjid.blogspot.co.id/2017/04/masjid-mandalika-lombok-modern-tapi.html

 

2017年04月01日(土)

すでに観光客が多いエリア、スンギギエリアにカタマランホテルがオープン。

今はvilaタイプのみのオープンとなっているが、

今後はホテルタイプの部屋もオープンする予定。

 

立地としてもいいエリアにあり、

海も綺麗だが、目の前にあるプールは透明なガラスの壁を使用しておりおしゃれ。

16時からオープンしているレストランのシェフはイタリア人で美味しい。

 

ロンボク島は数ヶ月ごとにホテルが各地でオープンしており、

各リゾートとホテルのランチやディナーを食べに行くだけども非常に楽しめます。

 

マンダリカエリア以外も続々と建設開始しております。

 

2016年11月04日(金)

~UAE-クアラルンプール-ロンボクルート~

エティハド航空は中東で影響力のある航空会社の一つであり、ひそかにロンボク島へのルート就航を検討している。アブダビに拠点を置くこの航空会社は、世界有数のハラル観光地であるこの島へのルートを提供するために尽力を尽くしている。

2003年7月に設立されたこの航空会社の計画は、西ヌサトゥンガラ州(NTB)代表団との会議で、在アラブ首長国連邦、Huフシンバギスインドネシア大使に直接提案された。昨日のローカル時間、NTBの代表団は、NTBのツアーオペレーターや観光起業家などの観光産業及びアラブ首長国連邦、アブダビの観光起業家や投資家とのビジネスミーティングをUAEに依頼した。

会議の中でNTBの代表団をNTB地方議会の2名の副会長であるマハリフィクルとアブドゥルハディ及びNTB文化観光局局長モハマッドファオザルとが率いた。またNTBのツアーオペレーターや観光エージェントもこの会議に参加した。

昨夜電話を介して、NTB文化観光局局長はNTB代表団を受け入れる前に大使は、エティハド航空の最高経営責任者(CEO)ピーター・バウムガートナーとの最初の会議を開催したと述べた。そして、その会議では、ロンボク島へのエティハド航空便を就航するための計画が披露された。

最初の段階では、アラブ首長国連邦エティハド航空からの計画では、マレーシアのクアラルンプール経由でロンボク国際空港へのフライトが導入される。

一日何便が就航するかはまだ未定である。そして、これらのフライトがいつ実現されるかについても未定である。観光局局長は、計画通りにすべてが進めば、来週大使は再びエティハド航空のCEOとより技術的な就航詳細について計画するため会議を開催すると述べた。

観光局局長は、中東からロンボクへのエティハド航空就航の計画を歓迎すると明言した。就航当初は、NTBは乗り継ぎを含んだ中東からロンボクへのフライトを考慮している。以前、ロンボクへの就航はアラブ首長国連邦所有の別航空会社エミレーツ航空で検討されていた。

アラブ首長国連邦のアブダビとドバイは、中東のハブ空港であると言われている。ハブ空港として、数百万人の外国人観光客及び中東地域の観光客の旅行先となった。そしてそこを中継として、多くの観光客が目的地へと出発した。

また、中東は現在NTBによってターゲットとされた旅行市場でもある。これは世界クラスハラール観光地として認められたNTBのポジションとも関連する。

また、今日ハラル観光市場は非常に大きな市場であると観光局局長は述べた。ディナール標準レポートは、イスラム教徒のハラル観光に対しての2012年の世界的支出額は1370億に上ったと明らかにした。2018年の目標数値は、1810億円に増加すると予想される。

宗教と公共生活に関するピューリサーチセンターのフォーラムからのデータを引用すると、世界のイスラム人口は現在の16億人から増加しており、2030年には約22億人に達すると予想されている。今日イスラム教徒の旅行セグメントには1450億ドルと1億800万人の観光客の価値がある。

2020年にはその数値は2000億ドル、1億5千万人に達すると予想されていると観光局局長は語った。

一方、中東の観光客は旅行に贅沢な出費をすることで知られていると観光局局長は述べた。局長によると、UAEからの観光客の出費は最も大きく1700ドル/人(2210万ルピアに相当)に達する。UAEに続きサウジアラビアからの観光客は1500ドル/人(1950万ルピア相当)、一方、中東観光客の平均は1200ドル/人(1560万ルピア相当)となっている。

NTB代表団の本日のスケジュールはアラブ首長国連邦の投資家との会議を開催する予定である。同時に、NTBと中東のの観光業業者は、エミレーツパレスでのB to B会議を開催する。

http://www.lombokpost.net/2016/10/27/etihad-mau-terbang-lombok/

1 / 11
カテゴリー

会社概要スタッフブログ

Copyright © NEXT GROUP All Rights Reserved.